スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表の意味って?

04-02,2010

lecture hall
original update by sholeh!!

■僕が感じるリハビリ業界やケア業界の発表

僕はリハビリの仕事を現在しています。この業界って発表するといことがあたりまえになっています。
猫も杓子も発表発表です。

この業界は、なぜだか発表することをしなくちゃいけない。それをしなければ一人前じゃないという事をよく言っている人と会います。

新人さんは当然ですが最初なんてほとんど経験や体験がないので多くの場合、何もほとんですることもできないし、自分で考えることも難しい状態です。

そういう人が発表をさせられる場合が多いのですが、まだ自分が何をみんなに発表したいかなんてものもないわけです。しかし発表しなくちゃいけないというジレンマがあります。発表しなくてはいけないという圧力がありそこから逃れることもしにくい状態です。

言いたいことがないのに発表する。なんかおかしくないですか?

■いつのまにか発表する事が目的になってない?

発表するために、発表する内容を探して取り組んでいく。
順番が逆ですね。いろんな事をまず体験して、学んで、試して人に役に立ちそうなもの、聞いてほしいものを発表するのが自然だと思います。
発表するために勉強する。
これもなんかおかしいですね。まず利用者さん、患者さん、そして自分自身のためにまず勉強しましょうよ。それが結果発表できるものならしたらいいじゃないですか。

諸事情で順番がおかしくなることもありますけども、ただ発表する事で得ることもありますが、最低限、発表することで皆の役に立ちたい(利用者さんや聞いている人など)という気持ちはもってほしいと思います。


■そもそも発表ってなんなの?

発表というのは自分が行った事や感じたことを皆に知ってもらう。聞いた側が役に立てるという事が発表する意義だと思います。
発表するという事は話す側だけでなく聞く側もいるんやで。ということです。役に立たない発表なら聞く時間がもったいないと思います。そして発表する人もさせられている発表であれば発表者自身の主体性を奪われます。そしてなんとなく発表するとい事になにも疑問を持たなくなります。内心嫌やけどそれが正しいんやと思ったり。そういうもんだと思ったり。なんとなく行動することに慣れてしまいます。

自分の言いたい事をみんなに聞いてもらうので、ふつうは発表する人も生き生きしてこないとがおかしくないですか。内心やりたくない、よくわからんなと思いながら発表しても、発表する側も聞く側もあまりいい経験にならんように思います。

またベテランさんでも発表する事を目的にしてしまっているので、難しい事をただ皆の前で言ってみたり、何も挑戦してないのに、ただ教科書的な内容になってたり。役に立ってもらうという視点より、ただ皆の前で話すという事が目的になっているような気がするのですが・・・

式にすると
発表=発表する事が仕事のできる人=難しい内容をする=教科書みたいになる。

というような図式が頭の中になんとなくありません?
何か発表するなら枠からそれた新しい視点での発表があってもいいように思うのですが、残念ながら発表と言ってもほとんど右へならえみたいになっています。(もちろん僕が知らないだけかもしれませんが)

■発表する意味

お互いが役に立つ情報を得ることで初めて発表する意味があるんじゃないかなと思います。しかし役に立たなくても、それは結果なのでしょうがない事はあると思います。それでも、少なくとも自分の言いたい事がはっきりしていないと意味がないと思います。そこに気持ちを込めて。それで失敗しても意味があるんじゃないかと思います。その気持ちは周りにも伝わると思います。そういう姿勢は聞いている人にとってもいい刺激にもなると思います。そしてその失敗を生かして次にみなさんにお返ししたらいいじゃないですか。

よく、そんな発表ってあったかなー?という発表があるじゃないですか。
あったがどうかわからん発表。それなんのためにしてるんかと思うんです。
そいう発表に限ってやたら表面的なスライドの形や枚数とかにこだわったりしてます。

発表は決して自分自身の勉強のためにしているわけではありません。勉強するだけなら、実際の現場で、またセミナーや本を用いながらいろんな体験をして勉強すればいいんです。いっぱいいい研修は紹介できます。

■それほんとに発表しなきゃいけないの?

世の中にはさせられている発表が多いように思います。なんか発表することが大切だという雰囲気があります。意味のない発表ならそれだけ聞いている人の時間を無駄にしてしまっているという責任があります。それだけ人が集まったならもっと大切なことが、有意義な事ができそうだと思いません?
たとえば100人集まればその100人で世の中に役立つことがたくさんできそうやし、みんなで一緒にしたらもっともっと貴重な体験ができそうです。
みんなで手をつないで踊るだけでも貴重な経験ができそうですし、その集まりのコミュニケーションになるじゃないですか。あったかどうかわからない発表よりも僕の人生に100人規模で手をつないで踊ったというほうがずっといい経験になると思います。

■よい発表ってなに?

発表を自分の名前を売る場としてとらえている人もありますが、それはそれでありだとはおもいますが、聞いている人が自然にこの人の発表は役にたつなぁ。と思ってもらえる事こそ、一番名前を売る事にもなるんじゃないでしょうか。施設の名前や個人の名前を売るために発表する事自体が目的になってませんか?ただうちの施設はよい取り組みをしてるんだと自慢してもダメですよ。相手が役に立つ情報をそこをプラスしないと。
名前を売るにしても発表に参加する事に意味があるんじゃなくてどれぐらい皆の役に立つ事ができたが大切だと思います。おまけとして名前が売れるみたいな。


発表の良しあしは聞いている人がどれくらい役にたったかで決まるんじゃないかなと思います。
どれくらい役に立ってもらう事ができるのか。作った自分がこの発表はいいと思っても、聞いている人が理解できなかったり、ぼーっとしてたりするといい発表とは言えません。発表もコミュニケーションですから、聞いてもらう人を想定して発表をしていく必要があります。

■させられる発表の弊害

させられている発表ばかりになると、その協会自体の質の低下を招くことになります。発表している満足感だけばかりになり、発表すること自体が目的になってしまいかねません。発表を聞きにいく側も発表を聞くという「手段」でしかないものが「目的」になってしまっている。そういう会にでてるから安心したり、自分が学術的だ、科学的だという勘違いを引き起こしてしまいます。
結果手段ばかりが重視され、そもそも何のために発表しているのかという明確なものが見えにくくなってしまいます。そういう集団は一種、異様な感じがします。もっと疑問をもたないのかなと。ある種自己満足で終わっているといってもいいかもしれません。なんとなく行動する癖がついてしまいます。

発表が目的になっている会になると、しっかり物事を考える人は離れていきます。残るのは発表するのはいいことだと盲目的に信じ込む人ばかりになり、言ってみれば手段と目的が入れ替わっている人ばかりになって協会自体の質が低下していくんじゃないかなと思います。色んな物事を広く考えられない集団になります。

■発表ってスライド使うものなの?

発表は聞いてもらっているみなさんに自分の思いを知ってもらうために、またそれを役に立ってもらうためにするのでだと思います。発表することは手段であって目的ではありません。その役に立つというのはほんの少しでもいいし、失敗してもいいんです。けどもそういった視点を持っている必要はあると思います。
みんなの前でパワーポイントを使う発表だけが発表じゃないと思います。いろんな発表があってもいいと思います。パワーポイントのスライドは一枚だけでもいいのかもしれないし、何かに応募するのも一つの発表だし、こういったブログなどをするのも発表だと思います。自分の思いを相手にしっかり伝える事。それが発表なら普段のコミュニケーションだって発表です。
発表には聞き手がいるので(こういったブログでは限定することは難しい面もありますが。誤字脱字が多くてすみません汗)だれに発表するかによって同じ内容でも伝え方は当然変わってきます。そういった工夫をしていくことも大切です。原稿を棒読みではいい発表も伝えられなくなります。

■発表はコミュニケーションだと思います。

聞き手がいる事を忘れずに。内容も聞き手を想定しながら作る事が大切です。
その発表のよい、悪いを判断するのは作った側じゃなく聞き手だと思います。


僕もまた自分なりの違った形での発表の仕方を考えてます。そのためにはもう少し自分の持っているものを磨いていく必要があります。そして自分のタイミングで、自分がしたい時にしていきたいと思います。
発表はするものであって、させられるものではないのですから。
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。