スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地位や名誉。よく思われたいという気持ち

03-10,2010


original update by dbking

突然ですが、質問です。
あなたは崖の上にいます。
あなたの目の前に、崖の上に手を引っ掛け、ぶらさがっている今にも落ちそうになっている人が2人います。
今にも落ちそうな状況で2人の体力ももう限界です。

両方とも知っている人で助けてあげたいのですが、
残念ながら2人の間に距離がありすぎてまずどちらか先に助けなければなりません。
あなたならどちらを助けますか?

1、その人はどこかの社長で何十人も部下を従えている。本も出したり講演をしたり、いつも皆からすごい人だと思われている。あなた自身もすごい人だと思っていた。

2、もう一人は特に仕事ができる人ではなないが、いつもあなたに対して丁寧に接してくれている人。いつも温かい目であなたの事を認めてくれている人。

さぁ時間がありません。どちらをたすけましょうか??

答えはどうでしょうか。すべての人は同じ答えにならないと思いますが、大半は2だと思います。1の人は名誉や名声はもっています。しかしそれで本当に認めてもらえる事にはならないのです。
人間は名誉や名声を得て人から認められたいと思う傾向があります。
しかし名誉や名声は実のところ本当に認められているわけではないんです。
ただ表面的にちやほやされているだけです。
だからこそ本当にピンチになった時に問われるわけです。
本当にその人のことを大切に思っているのか。

じゃあ2を考えた場合特に名誉や名声はありませんが、あなたは2の人を助けようとしました。
(そうじゃない人はごめんなさい(汗。そういう事と過程してください)
それはなぜでしょうか。
実はここがミソです。
人間は自分を認めてくれる人に対して認める事ができるんだと思います。
つまり2の人は地位も名誉もありませんが、あなたの事をいつも認めてくれていたんです。
その事が、あなたも相手を認めることになります。そんな人に対しては自分も一生懸命助けようとします。

地位や名誉なんてものは実は自己満足なんだと思います。
結局それにこだわると本当にピンチの時はちやほやがなくなって波が引いたように人も去っていきます。
逆に相手をしっかり認めている人はピンチになった時、だれかれ助けてくれるんです。
認めるというのは何もほめることばかりじゃありません。ほめなくても普段か楽しくつきあったり、
一緒に泣いたり笑ったりすることも相手を認めるという事になります。
(また人を認めるとい事についても書きたいと思います)

僕自身も尊敬されたい、すごいと思われたい気持ちはもってます。
けれどもおまけ程度と考えておかないといつの間にか本当に大切なものが見えなくなると思います。
いつの間にか相手を大切に思う気持ちよりも自分がどう思われるかを優先してしまいます。
それは自分のことを大切にしてるわけではありません。
本当に自信のある人なら自分がどう思われるか気にしません。
そういう時本当に相手のために行動することができます。
自信が無いからこそ地位や名誉、人にどう思われるかを考えるすぎると思います。
本当に自信がある人は変にいばったり自分の力をみせようとしません。そんな事をする必要がないからです。

こういう人はたくさんいませんか?自分がどう思われるか気になって動けない人(というか僕もそうですけど)
そいう人は自分自信にばかりベクトルがいってます。それは自分を大切にしているということではなく、
自信がない自分が相手からどう思われるか気になるのです。
自分は駄目なんだという付き合い方を自分自身にしているわけです。
相手のことになんて気が行くわけはありません。

人によく思われようと考えるすぎることはあまり考えすぎないほうがいいと思います。
そもそも相手がどう思うのかは相手が思うことであって完璧にコントロールするのは不可能です。
そういう必要はあるのかもう一度考えてみてもいいと思います。
いい気分を味わいたいだけならけっこう損してますよ。


と自分にも言ってます(汗
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。