スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利なこと2

02-11,2010

「便利なこと」は自分の体にも前回書いたような事がいえるのでは
ないでしょうか。
今回は前回に続き自分の体について考えてみたいと思います。

読んでない人はまず前回のをお読みください。
便利なこと


僕らの体も便利なものです。
多くの人は自分の思ったとおりに自由に動きます。
便利であるがために、自分自身の動きについても何も考えなく
ても行うことができます。
確かに多くの事を考えなくても、動かすことができます。
しかし便利であるがゆえに大切な事を前回同様、犠牲にしているのでは
ないでしょうか。

僕らの行動は便利であるがために、
動きは習慣化され、自動的に行うことができます。
それは何も考えなくてもできてしまいます。
その動きの豊かさを感じることが少なくなります。
やっぱり生き生きとした動きを感じることがないと
自分が生きているというリアリティが損なわれていきます。

今度は自分の体がロボットだったらと考えるとどうでしょうか。
実際動いているけど動いている感覚がない。
景色が変わっているけど、実感がない。
結局TVみたいになってしまします。

体を使って体験しなければそこにリアリティが感じにくくなります。
体を何も考えずただ便利に使うとロボットに近いような体になるかもしれません。
大切なのは自分の体の動きや反応をしっかり感じることだと思います。
しっかりと自分の動きを感じることでリアリティを感じることができます。
普段なにげなく歩いている時に少しどのように体は感じているか
感じてみましょう。
より生き生きとした感覚をもてるのではないでしょうか。
そうすることで生活の中でTV的なものでなく、
より豊かな体験ができるのだと思います。

豊かな体験ができれば自分自身について気づくことも
増えるかもしれません。
自分自身が成長できるきっかけが増えることで
より豊かな人生を見つけることができるのではないでしょうか。


便利が悪いわけではありません。
習慣化された便利な行動も生きていくうえで大切なことです。
しかし特に忙しい今の社会は自分の動き自体も習慣化されすぎだと
思います。
忙しいと書いて心をなくすとはよく昔の人は言ったものです。

もう少しだけ自分の感覚を大切に生きていったら
どうでしょうか。






関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。