スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数字について知ってほしいこと

03-15,2012

数字をつかえばいいという風潮が世の中にある。

特にリハビリ業界、医療、介護業界なんてもそうだ。

だけど多くの場合「数字とは何か」というものをあまり把握せず使っているように思える。

時に数字を使っている事で自分は難しい高度な事をしているという認識にさえなってしまいがちだ。

そもそも数字って何なのだろう。

ちょっと掘り下げてみよう。

皆さん「1」と見た時に何を想像できるだろうか。

たぶん少し困惑する人がいるはず。

では「1」というものに情報がどれぐらいあるだろうか。

これも少し困惑するが、それが当たり前だ。

「1」という情報は「1」という情報以外ないのだから。

それ以上でもなく、それ以下でもない。

それをふまえて「1つ」というものを考えてみると

「何かが1つ」という情報しかない。

ここで簡単な足し算をしてみる。

コップ1つと時計1つで合計はいくらだろう。

当然2つだ。

では前の足し算を忘れて、この「2つ」という数字だけに注目しよう。

これは何かが2つだという情報しかない。

どんな情報が抜け落ちているか。

コップと時計という情報は数字にすることによってすっかり抜け落ちてしまっている。

仮にそのコップが大切な人にもらった思い出のコップだとしても

時計が初めての給料をすべて使って、思い切って買った高級な時計だとしても

2つという数字からはわからない。

つまり、数字化するということは、情報をシンプルにするということだ。

数字を使うという事は

難しい事をしているのではく、むしろ簡単に理解するためのツールなのだ。

つまり時に大事な情報は数字には残らない。

多くの人はこれを忘れてしまっている。

数字を使えば物事を深く知る事ができると思っている。

例えばコップ1つ+時計1つ+花瓶1つ+フォーク1つ

はいくらでしょう?

応えは4つだ。

だけどこの「4つ」にどれだけの意味があるかというと

なにかが4つあるというだけだ。

しかもこんなバラバラな種類が4つ集まっても意味をなさない。

では人間はどうだろう。

木村さん+鈴木さん+小林さん+田中さん=4人

「4人」という数字だけ見ると

田中さんの魅力的な笑顔とか

鈴木さんの滑らかな動きとか

小林さんの個性的な生活とか

田中さんの生まれもった強靭な体質だとか

そういったものは一切「4人」に含まない。

木村さん+鈴木さん+小林さん+田中さん+ポチ+タマ=6

これはもう訳がわからない。

実は数字にするということの方が簡単だ。

数字は物事をシンプルにする。

多くの場合数字は「量」をあわらし、「質」を犠牲にする。

数字を使わない方が物事の本質に迫れる場合はたくさんある。

数字を使ってすべて理解しようとすることが無理がある。

むしろ数字でしか理解できない人は物事の本質にいつまでたってもせまれない。

ただ一つ注意したいことは

数字は悪者ではない。

ただの道具だ。

その道具の特性をわかった上で使うのであれば何も問題はないし、便利なものだ。

単純に物事を理解したい時にはかなり有効なものだ。

お金を数える時にいちいち札の汚れているかどうかなんて気にすればきりがない。

ただそこにはほとんどの情報が抜け落ちているということを知っている必要がある。

数字の特性をわかった上でそれに適した状況で使うことは必要だ。

ただ数字の特性をわかっていないと

いつの間にか数字を使っているつもりが、数字に使われてしまっている。

あなたはどうだろうか?

あたなの大切な人はただの「1」でしょうか。

それともそれでは表しきれない存在でしょうか?



関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。