スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニュアルに振り回されない。

10-20,2011

多くの福祉・医療分野では

ことあるごとにマニュアルを作成する事があたかもすばらしいことだと思われている認識がある。

本当にそうだろうか。

その割にマニュアルが役に立った事は経験上てとも少ない。

むしろ現実的にマニュアルが業務の負担になったり、作成することで疲れてきてないでしょうか。


ちょっとマニュアルの役割を見てみよう。

マニュアルとはやり方を書いた集まりですね。

つまりその本を見て行動するわけです。



マニュアルに書いてある事をそのまますれば能力はあまり関係ありません。

単純な事はそれですむでしょう。

しかし複雑な場合、マニュアルで対応しきれない場合があります。

ではマニュアルを複雑化すればいいと思われそうですが、

それは本末転倒です。

作成はしたものの全く使えないものになります。


そもそもマニュアルとはやり方の集まりですから、

本当のプロが使うものではありません。

はっきり言えば素人が使うものです。

マニュアルを作成して現場を対応しようという意識では素人の集団から抜け出せません。

マニュアルに頼ることで、臨機応変に対応することがまったくできないからです。

ファーストフードなど人を短時間でさばく必要がある場合はマニュアルが役に立ちます。

福祉の分野で人と人で関わるとき、人は複雑ですからマニュアルは使えません。

もちろん参考にはできますが、複雑なので、常にマニュアルが正しいわけではありません。




マニュアルは使えないといけないので最低限中身が伴った上でシンプルであればあるほどよいのです。

そして誰が、どういった状況で使うかをふまえた上で使用するほうがよいです。

最低限の事故の対策や避難訓練などをすることができれば(それさえも臨機応変が求められることがありますが)

それ以上のものをマニュアルに求めてしまえばいつまでたっても仕事の質は上がらないでしょう。



マニュアルに頼ることで、いつまでの仕事の質が上がらないならどうすればいいのか。

それは単純に能力を高めることです。

それは教育にかかわっています。

教育といってもやり方を教えてしまえば、マニュアルの勉強会をしているだけです。

それは教育とは言えません。

実は今の学校教育の問題点と共通しています。

考える力を養うといっても、考える力を養う教育をするにはそれなりにトレーニングが必要になります。

実は教師を先に教育する必要があります。

でもまたその教師の教師がやり方を教えてしまえば無意味です。






教育とは能力の向上をはかる必要はありますので、

「その場の状況を感じ取り、自ら考え、適切にその場を対処できる能力」

を高める必要があります。


マニュアルに頼るということは、教育システムが確立できていない事に気づいてほしいと思います。

マニュアルが悪い訳ではありません。ただマニュアルはその性質上複雑なものや、プロ向けではない、緊急的なシンプルな対応には向いてますが、それ以外では能力を高めるしか方法はないのです。

マニュルアを作ることばかりにこだわるのではなく、

もう一度教育見直すことに力を入れていく必要があります。



関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。