スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失うもの、どうにもならないもの あとがき

07-11,2011

人は今を生きています。今という時間を二度と体験することはできません。
私自身これまで生きてきて多くのものを失いました。そしてこれからも失っていくもはたくさんあるでしょう。人には寿命もあり、また物はいつまでもその場に同じ形で存在することはできません。地球でさえもはるか遠い、遠い未来には存在していないでしょう。しかし先の事などだれにもわかりません。ひょっとすると10年後にはもう地球自体何かの原因で存在していないかもしれないし、もしかしたら自分自身だって存在しているとは限りません。先のことなんてだれにもわからないのです。


人はいつ死ぬかわかりません。それは周りの人もそうですし自分自身もそうです。私たちの周りにいる人やものはとてもはかないものです。すべても物は形が変わります。今の家族関係であろうが、いくら安定していても永遠に続く物ではないのです。永遠はありません。永遠はないからこそ、すべての人や事柄が私にははなく、そして大切に思えてきます。もちろん私自身、腹が立つときもあるし、悲しくなるときもあります。しかし何気ないとき、思い出してみると切なくなる反面感謝する気持ちがでてきます。

そして私たちは過去や未来を直接いじくることはできません。今を生き生きと生きることが、未来の今へとつながっていきます。望んでいたもにはならないのかもしれませんが、私たちにできる最良の選択は今を大切にし、そのありがたさを感じながら生き生きと自由に生きていくことしかできないのです。もちろん人それぞれのやり方はあるし、幸せは人それぞれ違います。

本の中でポジティブについて触れましたが、みな前向きに生きようとしています。前を向いても先の事はわかりません。その道が自分にとって必ずよい道なのかなんてものは確認しようもありません。いくらよいと自分で思っても、その選択をしたばかりに、事故に会う可能性だってあります。いろいろと書きならべましたが私のいいたい事は一つです。みなさん今を生きてください。失ったものもたくさんあるかもしれません。だけどあなたは今生きています。そして周り大切な人がいれば、過去ばかりを追わず今大切にできる人を大切にしてあげてください。まわりにいない人も自分はいますから、自分を大切にしてあげてください。過去の思い込みや社会の思い込みで自分をいじめないでください。もちろんみなさん、今ここに存在している自分を大事にしてあげてください。大事にするということは甘やかすとか、自分を箱の中に入れて守ってあげるということではありません。自分の可能性を信じ、疲れたら休ませ、また気持ちよく歩いてみてください。

前えばかり見て歩くのではなくしっかりとその足下を大切にしてください。幸せは足下にしかありません。前ばかり見ようとする人は何かを手に入れてもまた前をみてしまいます。その先には一生満足できない人生がまっています。立ち止まれと言っているわけではありません。人は生きている限り動いていますから、時間の経過とともに前に向かって動いています。もちろん目標に向かって取り組むという事もあるかと思います。だけどその時でも取り組んでいる今を楽しく過ごしてみてください。自分の可能性を信じて生き生きと取り組んでみてください。

そして自分の足で歩いていきましょう。どんな人生でもかまいません。自分でよいか悪いかきめたらいいのです。いつまでも誰かに動かしてもらう限り、自分の人生を自分で生きることができません。先の事がわかならいなら、自分で楽しくあるきましょう。一歩一歩。ぼちぼちでええやん。

関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。