スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉と張力

05-27,2011

twitterにも書いたが約一年ぶりぐらいにジョギングをした。

ちょっと雨がやんでいたのでいいかなぁとか思ったが、
最終的に降ってきて結構濡れた。

一年前に比べると明らかに体のとらえ方が変化している。
より繊細により細かくコントロールできる。

明らかに体の認識が変化しているのがわかる。
これは学習の成果ただと判断してもいいと思う。

最近筋肉について考える事がある。

筋肉をちゃんととらえる事は実は難しい。

鍛えることで体を動きにくくしてしまう事もあるし、
体を動かすのに実はほとんど力なんていらない。

ではどういう風に筋肉の存在をとられるのが適切なのか。

学校では教えてくれない新しい筋肉の特徴をあげてみる。

1、筋肉は実は部分でなく常に全体が動いている。肘を曲げるにしても実は脳が全体を調整している。単純に上腕二頭筋と三頭筋の話ではない。
2、スムーズに楽に動くためには筋肉の緊張が邪魔になる。多くの人は筋力がないか動けないのではなく、緊張が強いから動けない。
3、しかし筋肉がまったくないと姿勢と保つこともできない。ごくわずかな筋肉は全体としてバランスを保つために必要だ。緊張が少なければ少ないほど楽に立てる。
4、動きが起こるとき、緊張は筋肉だけでなく、体の軟部組織(靭帯なども)も体を動かす張力として全体に働いている。筋肉だけで動いているのではない。

こう書くとみごとに学校で教えてもらっている事の逆だなぁ。まぁそれはいいとして。

ここで疑問が起こる。楽に動く事は筋力がほとんどいらないというのは明確な事だ。だけどよりよくとび跳ねたり元気に動きまわりたい時筋肉の出力はどう理解したらいいのか。

きっと部分だけの出力を上げようとして鍛えてしまえば、筋肉はその部分の緊張を強め全体のバランスをおかしくしてまう。

だけど全体的にバランス良く張力を強めることができなら、より機敏な動きが自然にできる。また同時に強める必要がない時は弱めておくことができれば楽に過ごすこともできるし、動きを制限することはない。

つまり緊張が少なく骨格を上手く使ったニュートラルな状態から、緊張を強めバネのように動くことまで一連の流れがスムーズにいくように筋肉を扱えばぽフォーマンスは上がる。(もちろん上げる事はしなくても体は動くことができるが)

今のところの結論として
筋肉を鍛えるなら絶えず全体の張力を調整できる使い方も同時に練習する必要がある。
もちろんそのためには骨格を上手く使うという事も含まれる。
この張力を全体的に使うと言う事は体の軟部組織も含めて使うという事。体には色んなばねがある。
そのばねを緊張によって止める事はなく、より全身が筋肉と協調的に動かすような使い方を練習する。
その中で筋力があがっていけばより、しなやかで柔軟な鞭のような体を手に入れる事ができるんじゃないかと思う。

まとまりなく、また変わるかもしれないが、
今はこの辺で。




関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。