スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日の生活を丁寧にする

02-15,2011

おもしろい発見をしました。

毎日のあたりまえの生活も今ここを感じているということだと。

ご飯を食べた時、お風呂に入ってリラックスした時、トイレで排泄した時。

それらもまさに今ここを感じる事なのだと。

味を丁寧に感じる。

かみごたえを感じる。

風呂に入った時身体の緊張の変化を感じる。

排泄した時の内臓のすっきり感を感じる。

これらは感じていることであって考えている事ではありません。

感じることができれば、それは「今」の事ですから、今ここにいる事を感じている事になります。

これは面白い発見です。

「毎日の生活を丁寧に送ることで、今ここを感じることができる」のです。


僕らは毎日忙しさにかまけて食事を何かしながら適当に食べています。

または何かをするためや、限られた時間の中で食べようとしています。

時間がないからシャワーで急いで身体を洗います。

トイレさえも我慢してしまいますね。

もしくは急いで排泄します。

歩いている時だって目的に向かって早足で歩きます。

時に考え事をしながらね。


僕らの生活は今ここを感じることとはほど遠い生活をしているんです。

今ここを感じていると言う事のは生きていると言う事を感じること、自分の存在を感じることでもあります。

僕らの生活は自分を感じることもできない生活なんです。自分の存在さえも。

それでは不安定になりやすいはずです。

自分を感じれないというのは自己と非自己を分ける免疫系を変化させる可能性もあります。

花粉症やアレルギーなどが増えた一因かもしれません。

生活を援助するとい事は今こことを丁寧に感じてもらう手助けをすることなのかもしれません。

今ここを感じていない人は頭の中で生きている事と同じです。

考える事ばかりの頭でっかち人間になります。

そしてその考えで自分自身をいじめています。

もしかしたら自分を感じれないことや現実とのずれが認知症の1つの原因なのかもしれません。


いずれにしても毎日の生活が自分を作ってます。

特別な事をしなくても今の生活を丁寧に送るだけで今ここを感じることができる。

今ここを感じるにはやっぱり足元にあった。

ジュディスさんも毎日がセンサリーアウェアネス(感覚を気づく)ですよ。といっていたのにね。

今気づきました。よい発見です。

おもしろいねー。
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。