スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わからないという事

01-29,2010

皆さん分からない事ってありませんか。
でも何かわかっていなくてはいけないという場面多くないですか。
そりゃ仕事でも仕事の流れとか決まった事などはわかってなければいけないと
思います。
また利用者さんや患者さんに対してもわかっていなければいけない。
特に専門家として・・・といわれればよけいプレッシャーがかかります。
そりゃわからなければいけない事もありますけど、どうしったてわからないって事
ありますよね。特に人をわかるって難しくないですか。

「わかるという思いこみ」
問題です。
1+1=?

ちょっとネットでもなんでもいいので検索なりしてみてもらえますか。


たぶん調べた人はいないですよね。
そりゃあ当然です。2だってすぐにわかりますから。
調べたり考えたりする間もなく2です。あたりまえですね。
それって人に対してもあてはまるんでしょうか。
人もそんなに答えがはっきりでるのでしょうか。

僕はなんでもわかるという事はただの思いこみだと思います。
特に「人」の事についてはとくに思います。
わかるという思いこみは危険です。
その人をわかると思うという事は
もうわかっているからそれ以上見ないという事です。
仮に自分が正しいという事を相手にしてもそれは効果があると思いこみ
それで困っていようとも、相手の反応を見ようともしない事もあります。
1+1=2と絶対言えないのが人だと思います。状況によって、人によって変化しています。
分かるという思いこみは一方的なかかわりにつながるのです。


「わからなかけばならないというしんどさ」

人は物事が分からないとき、わからない自分を責める傾向があります。
勉強ができていない、知識が足りない、頭が悪いなどなど。
わからなければという事は自分に対して完璧を求めることになります。
人は完璧でなければいけない、より完璧に近づかなければいけないという価値観です。
それを他の人にも求めてしまいます。また自分より知らない人にも完璧を
求めようとしてしてしまいます。
人間は完璧でしょうか。そんな人は見たことがありません。
完璧を求められた人間はうつ的になるものです。
また身体面の健康にもストレスが影響します。


「わからないという事で見えてくるもの」

「わかっている」という事は人を盲目的にします。
わかっている事に対してこれ以上見ないのです。
2は2とわかりっきているから調べようともしません。
わかっていると思いこむ事はそれ以上知ろうとしないことです。
わからないという事で見えてくる物があるのです。


「わからない」から「わかろう」とする姿勢へ

その人を知ろうとする事は大切です。
わからない事が当然だといってすべてがわかないというとらえ方も逆に盲目的にします。
わかろうとする姿勢を持つことで、傾向はつかむ事ができます。
あくまでも傾向なので、変化したりまったく逆の傾向になることもありえます。
またわかろうする姿勢自体が相手に伝わるものです。
自分の事を理解してくれようとしてくれているんだというメッセージになります。
わかろうとするから一緒に考えられるのです。
わかろうとするから勉強したり経験したり経験したりするではないでしょうか。


「人は決まらない」

人は固定的なものでもありません。
時間の経過とともに常に変化しているのです。
状況によっても変わりますし、かかわる人によっても違います。
世の中のほとんどは仮説だとうそうです。飛行機の飛ぶ仕組みもまだ解明されてない
らしいですよ。
人はわからないんだと思うことも必要ですよ。
そこで自分がどうしていくのかだと思います。

自分自身の事はわかると思ってませんか。
その時点で自分の可能性を限定してますよ。





関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。