スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手洗い、清潔、免疫力向上

12-17,2010

冬は乾燥の季節です。
ノロやらインフルエンザなどの季節になってきましたね。
嫌ですねー。
施設で働くと流行するとものすごくしんどいですし、おとしよりの負担も高まります。
職員も利用者もしんどい悲惨な状況を作り上げます。

感染防止委員とかが施設でありますよね。
平たくゆうと消毒と菌を近づけないという事を主にやってます。

だけどそれだけだと不十分だと思うんです。
また消導や清潔を保つことも大切ですけど、他に重要なものを忘れてませんか?

一番感染防止をするために大切な事は何か。
それは免疫力を高めることでないでしょうか。

もちろん手をあらったり、清潔を保つという事は非常に重要なことです。
だけど僕らの体には免疫というものがあり、またその免疫が絶えず機能しているのも事実です。

菌やウィルスに接触しても感染する人としない人がいますよね。
その大きく運命を分けるのはやっぱり免疫力です。

完全に無菌にするのは不可能ですから、まず免疫力を高めるというベースがあってこそ、消毒なりする意味が確かになってきます。

免疫力が弱い集団だと1人が書かると一気に広がりますね。
だけど免疫力が強い集団だと1人かかってもその感染も弱く、また広がることも減ります。
また感染しても軽度ですみますね。

今まできっと免疫力を上げる方法を見つけるのが難しかったのだと思います。
またそれは数字にもしにくいものです。
だからこそ皆大事だと思っているけど手をつけていない領域であると思います。

免疫を上げる方法は実はシンプルです。

1人1人が生き生きと過ごせること。

これだけです。

体と心はつながっています。
心も体も生き生きと過ごせることができれば元気ですごせます。
僕らもそうですよね。

何か生き生きと過ごしているときは体が元気だと思いませんか?

笑えば免疫力があがるもの有名な話です。
なにも笑うことを無理からしなくても自然に笑顔がみられる生活にすれば免疫力はあがります。

笑えばいいとなると、レクとか芸人とか呼んでとにかくわらかせばいいと思いがちですが実はそうではありません。

それでは人を単純にとらえがちです。

もちろんそれらは悪い事ではないのですが、なぜ普段の生活で笑わないのかと言う事を考えていきなれば対症療法的になってしまいますね。

その時だけ笑っても菌やウィルスがいるわけです。日常が生き生きとしていないのに、非日常だけ少し笑えてもあまり効果はねらえません。

もっと具体的にいうと

多くの障害をもったお年寄りはあたりまえの生活さえままならなくなっています。またできない事が増えていくなかで喪失感をもったり自分と上手く付き合えない状態がすべてではありませんが多いと思います。

1人1人が主体的に過ごせる生活を作る手伝いをすることで体も心も免疫も元気になるということです。

あたりまえの生活がない人は生き生きすることはできません。

まずは感染対策としてもあたりまえの生活が送れるように考えるという視点を持つのは大切だと思います。

また元気がなくなる生活をどうにかしていかないと免疫力は上がりません。


感染に関することは何もお年寄りに限った話ではありません。僕らだって予防でマスクだ手洗いだとか言われています。もちろんそれらは大切なことだと思いますが、毎日元気に過ごさないと当然感染しやすい体になりますね。僕ら自身も実は生き生きと過ごす事が大切です。

そうすれば職員がかかって仕事場にウィルスを持ちこむのも減るかもしれません。

免疫力ともっと向き合っていきませんか?

今年と来年は

手洗い、清潔、免疫力向上の3つでいきましょう。
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。