スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生を取り戻せ 「なまもの」としての人間

12-04,2010

人は賢くなりました。
色々な事を考えられるようになりました。
明日の朝ご飯の事、好きな人の事、仕事の事それは色々と考えられます。

パソコンも当たり前のように使い、きれいな服もあたりまえのように来ます。
考えられるようになり、人は様々な事ができるようになりました。
そして文明を作り発展してきました。

しかしいくら着飾っても、いくらインテリでもジャニーズでも人は生物です。
哺乳類です。
動物で生き物です。
これは間違いない事実だと思います。

人は豊かになり、色々と考えているうちに生物だという事を忘れてしまっているように思います。
正確には生物だとは思っているかもしれませんが、森やジャングルで暮らす野生動物とかけ離れている存在だと思っているように思います。

でもほんとにそうでしょうか。
野生動物とかけ離れた存在なのでしょうか。
もちろん違う部分は沢山あります。
なかでも考える能力は人はずば抜けてます。

だけど
人はやっぱり動物でしかありません。
排泄もするし、代謝もする。風呂にはいらなければキタなくもなる。
汗もかくしそんなにきれいなものでもありません。
当然です。生きているとはそういうものです。
いくら美人で透明感がある人でも動物である事にかわりはありません。
それもこてこての動物です。
血液もながれているしグロい内蔵もある。脳みそだってある。他の哺乳類と同じように。
あたりまえの事ですが、あんがい忘れがちです
あなたの好きな人だって同じですよ。

だからと言って悪いイメージをもつ必要はありません。
幻想の世界から抜け出して人を動物ととらえるほうが僕は魅力的に人をとらえることができます。
僕は生物しての人間だからこそ、生の魅力が人にあると思います。
きれいなだけじゃつまらんですよ。
リアルじゃないです。

あたりまえですが、人形やぬいぐるみじゃなく「なまもの」なんです。
だけど「なまもの」だからこそおもしろいんですよ。
そして「なまもの」だからこそ、そこに「はかなさ」がありとっても大切なんです。
「なまもの」を感じないという事はただの理想で人をみているようにも思います。
それは表面的だと僕は思います。若い時の恋愛とかそんな感じじゃないですか?

「なまもの」として人をとらえるようになった時始めてより人と深く付き合えるのではないかと思います。

現在の人は無理やり野生を忘れようとしているように思います。
そして現実をとらえることができず頭の中の世界で生きている傾向が強いです。
思いこみの世界で生きているんです。
自分の事でさえ「なまもの」としての自分を否定してるようにも思います。
どこか洗練された、作られた人を自分のイメージとして持つような(持とうとする)傾向があります。
そして今ある現実を見ない。
そんなのやっぱり薄っぺらいと思います。
データばかりで現実を判断しようとしたり、難しい理論が現実だと思いこんでいます。
いくら正確なデータや理論よりも「なまもの」としての人の方がよほど存在感を感じます。

現実を感じることができなければ、思いこみの世界の中で生きていくしかありません。
頭の中だけで生きていると実感がわかりません。

私は生きていると考えている。
直感的にヘンですよね。
この状態を想像しても生き生きとしませんよね。

私は生きていると感じる。
そうです。生きているとは感じることです。
考えていることではないと思います。

人は考えるという便利な道具を手にいれました。
だけどいつしか道具に振り回されているんじゃないでしょうか。

文明が発達する今、これからも考えることばかりになる傾向があるでしょう。
そうなれば、より人は考える事に振り回されるでしょう。
ますます「なまもの」の感覚はなくなるのではないでしょうか。

人は野生を取り戻す時期に来ているのではないかと思います。
バランスをとらなければ、よりしんどい状況になるのではないかと思います。
そして現実の世界で生きることが苦しくなります。

あんたも生物です。
そんなにカッコつけず無理せずやっていきましょう。





関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。