スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悟りってなんだろか。

09-08,2010

みなさんおひさしぶりです。
ちょっと今日はマニアックです。
マニアックですけど、まぁ適当に流してください。

最近一冊の本を読みました。
そこに悟りについて少し書かれていました。

ちょうど悟りとは何かと考える事があります。

といってもスピリチュアルと宗教とかは持ち出す気はありません。
かといって否定しているわけではないですので。
僕は何の宗教には詳しくありませんし、そんな活動は一切してません。
どっちかと言えば自分の葬式の時の戒名なんて高くつくから自分で考えるとか言いそうなほうです。

霊感だってないですし、あったら嫌なものが見えそうでかえってないほうがいいですから。
見えたら怖いじゃないですか。

いったい自分はどこに向かっているのかと思ったりもしますが、いい機会なので悟りとは何かをちょっと考えてみます。
あんまりヘンな人と思わんといてください。まぁちょっとは変ですけど。

悟りとは結局選択する事ができる事ではないかと。

思いこみをしていればそれしか見えません。

ちょっと高い位置から自分をみれば他にもある事に気づくことができます。

Aが正しいかどうかという見方であったものが、ちょっと俯瞰してみることでBもCもあるじゃないのということです。もしくはもっと沢山あるかもしれない。

あたりまえじゃないかと思うかもしれませんが、これが案外気づかないものです。

人はこれしかないと思っていれば他に見ようとしないばかりか、他の可能性自体みる事をしません。

自分ていうのはこういう人だと思いこんでませんか。自分はやさしいとか、自分はいいかげんだとか、自分にはの力がないとか。

自分の感覚もそうです。

今目に見えているものが、実はとらえ方1つでまったく別のものとしてとらえる事ができるかもしれないなんて考えた事はありますか。

耳も目も触覚も体の感覚も平衡感覚も実は決まったパターンが構築されているなかで、脳が上手く使っているのです。

体の感覚でさえ実は選択できるのです。
センサリーアウェアネスのワークショップなどで体験することができるでしょう。

悟りとはそういう選択がすべての事においてできるのだと気づき実践できるこなのかもしれないと言う事かもしれません。

物事の正しさにとらわれている人
自分というイメージにとらわれている人
こうしなければいけないと思いこみにとらわれている人
体を習慣的に使うことで痛めてしまっている人

などそういう人は1つの選択の中で動けなくなってしまうのでしょうか。

悟りなんてほんとに開くことができるのかと思います。
たぶん僕は完全にできることは無理でしょう。

完全にしなければならないという事自体がすでに思いこみの中で生きていることにもなります。

難しいですよね。

自由にならなければいけないと思っている人は自由ではなく、
完璧にしなければいけないと思っている人は物事が上手くいかず、
安易に人を救おうと思うと自分の価値観を押し付け受け身にします。

なにか非常に中途半端なものを感じますけど。
きっとそれでいいんです。

白なんて黒に限りなくきっと近いのでしょう。
正しさは限りになく悪さに近いのでしょう。
人はやさしくもあり、また残酷なものです。ヤンキーも友達にはやさしいのですが、それ以外には喧嘩もうります。相手によって変わりますよね。
きっと紙一重ですから。

人は思いこみを捨てるということなんて本当にできるのでしょうか。
わかりませんけど、今の僕にはできません。

選択をすべて見つける事なんてできるのでしょうか。
すべて見つける事はできません。

ただ選択の幅を広げることはできます。
思いこみを疑うことはできます。そして違うものを見る事は可能です。

それが多少なりともできることが悟りを開くことに近づくように思います。

まぁ楽しく生きるために手段であれば悟りでありなんであれそれでいいんですけども。



あっそれともうすぐ勉強会です。お忘れなくお願いします。







関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。