スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金について考える

01-16,2010

今回はお金について考えてみたいと思います。
前回のを読んでない人は先によんでください。
↓↓
この世でいちばん大事な「カネ」の話

みなさんお金はほしいですか?
ではそのお金で何がほしいのですか?
かっこいい洋服でしょうか。それもと車ですか。僕は他にもたくさんあります。
でもそれで自分は本当に幸せになるのでしょうか。

お金は大切なものではあると思います。しかし僕はお金持ちになれば幸せになれると思えません。
お金は自分の目的をかなえるための手段であると思います。
「私はお金持ちになる!!」
ほんとうにお金持ちになれば幸せになれるのでしょうか。
お金は自分の望みをかなえる一つの手段なんです。(あくまでも一つのですよ)

金持ちと幸せは違います。
お金を持っているのに幸せでない人も世の中にはたくさんいます。

ほしいものが買えれば幸せでしょうか。
僕は違うと思います。
一時的な満足はあるかもしれませんが、
ただほしいものがあっても幸せになることはできません。
なぜでしょうか。
かっこいい、かわいい洋服を買ってもそれを見てくれる人がいないと寂いです。
かっこいい車を買っても一緒に車にのってくれる人や、車で会いにいく人がいないと
やっぱり寂しいです。
少なくとも僕は幸せではありません。

人間は関係的な存在なのです。
以前「関係障害論」でも紹介したとおり、
↓↓
マンガでわかる関係障害論 (シリーズ生活リハビリ講座)マンガでわかる関係障害論 (シリーズ生活リハビリ講座)
(2000/07)
三好 春樹市川 りんたろう

商品詳細を見る


僕は何をするかよりも誰とするかだと思います。
誰とするか。つまり誰と過ごすのかによって人の幸せの一つになるだと
思います。
ほしかったものを誰と使うのか、お金を使って誰と過ごすのか。
お金を使ってどのような将来を描くのか。どんな自分になるのか。
その関係が本当に自分が望んでいるということをしっかり
見つめて行かなければなりませんが。


幸せとは一人一人が違うものであって、
みんな一緒ではありません。
漠然と幸せとは何にか考えると途端にむずかしくなります。
一人一人の幸せを見つけていくことが大切です。
人を援助する仕事であれば一人一人の幸せを見つけていくお手伝いをすることが大切だと
思います。自分の幸せだと思うことを他の人に押し付けるのはよくないです。

みなさんお金があれば幸せになれると思いがちですが、実は違います。
もちろんお金がないという事は不幸になります。
それは最低限の目的も手に入らないからです。食べ物や住むところなど最低限の目的さえ
達成されないからです。
自分に最低限以上のお金をもった時にどのように使うのか。
それが大切です。

お金は手段です。
目的ではありません。
幸せになる手段の一つではあります。
なのでもう一度自分の幸せを考えていかなればいけません。
自分の幸せをです。それは好きな人が人それぞれ違うようにみんなと違っていて当然です。
本当に望んでいるものは意外にお金がかからないのかもしれません。
本当に大切なものを犠牲にしてお金を稼ぐことばかりに一生懸命になってないですか?
それは健康や家族、もしからしたら自分自身かもしれません。

お金の稼ぎ方に関してはたくさんの本がでていますが、
肝心なのはお金の使い方です。
昔の人は「生きた金を使いなさい」とはよくいったものだと思います。

お金を稼ぐことばかりに目を向けず、本当に自分が望んでいる事に対して
お金と使うようにしましょう。

そのためにはやっぱり自分と向きあう事が大切になるのかなと思います。
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。