スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうという事

06-29,2010

皆さんは人に感謝されてうれしいといった事はよく感じるのではありませんか。私自身も仕事を始めた時はそのような役に立ちたいといった気持ちで仕事を始めました。しかし福祉の世界の中で仕事をしているうちにどうも何かへんだという事を感じ始めました。確かにありがとうといってもらえてはいるが、何か心が満たされない場面があります。今回はその辺を考えて見ました。

人に感謝をする事とは2種類あることに気づきました。それは「正の感謝」と「負の感謝」ということです。
正の感謝とは相手に大切にしてもらうことで、自分は大切な存在だと感じてもらう時。
負の感謝とは人の世話になって自分はなんて情けないのだ、自分自身の価値が低下しているような認識をももってしまう感謝です。
一見「ありがとう」と同じような感じがするが、まったくこの2つは逆だと思います。
いくら「ありがとう」といってもらっても情けないといった存在を強めてしまうようであればその人が言ってくれる「ありがとう」はまったく意味がないといっていい。

特に老人の世界では徐々にあたりまえの事ができなくなってきてしまい、人の世話になる事が多くなりがちです。その中で自分は人に頼らないと生きていけない存在になってしまったと常に無意識の中で援助者が感じさせてしまっている関わりをしている事がいかに多い事か。
いくらその人のためだからといってそのような関わりをしてしまうと生きる気力をなくし、うつになっていく場合も少なくない。これでは人の役に立ちたいといって仕事をしたこともまったく無意味になりますね。

同じ「ありがとう」でもこの負の感謝をへらし正の感謝を増やすことが大切だとおもいます。。それにはあなたは大切な存在ですよといった気持ちで関わること。また一方的にならいようにしていく必要があります。言葉で大切ですよというのも相手に伝える手段の一つだと思いますが、そういう気持ちをもって接すれば自然と態度として相手に伝わるものです。

一方的な関わりは力の強いものと力の弱いものといった関係をつくり、する方、してもらう方といった認識につながっていく。現実的に元気なものと弱いものとうのは存在していおりそういった傾向になりやすい状況はあると思います。
援助者が接するということで楽しい、うれしいという気持ちをもつことであり、接すること、関わることができてありがとうとういう気持ちをもつ事だと思います。一緒に楽しく過ごすだけでも「あなたは楽しい存在なんですよというメッセージを伝えていることにもなります。

そういう簡単な事で一方向から相互方向へと感謝ができ、それが自然な関係を生み負の感謝から正の感謝へと変わる。

正の感謝と負の感謝の関係は王様と家来とう関係に近い物があると思います。王様はしてもらって当然とう意識がはたらき、家来はこんな私なんかに手間をとらせてしまって申し訳ないという思いになりやすい。
そういう関係の「ありがとう」って自己満足になっている事が多いと思います。

あなたがいつも言ってもらっている「ありがとう」を見つめなおしてもいいのかもしれません。
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。