スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の一歩(思いつき)

05-04,2010

one step
original up date by Lachlan Hardy

いつもの道なら何も考えずに歩けるのに。

少し違えば皆足を踏み出すのを恐れてしまう。

いつもの道はこれまでも歩いてきたかもしれない。

だけどその道がこの先も同じように続いているとは限らない。

なのにこの先が続いていると思いこんでしまう。

そう考えて歩けば安心する。安心すると思いこんでいる。

どっちにしても先がみえないのに。




だったら自分の行きたいほうへ踏み出せばいいんでない。

何も考える事をせず、ただ道が続いていると思って歩くのは楽かもしれない。

だけど面白くないやん。道も続いているとは限らんのやで。

たとえいつもの道を歩くにしても自分で選んで歩いてるんやで。

だれかに歩かされているわけでもない。

どっちの道を行くにしろ自分の足で歩いてるんです。

違う一歩を進めば今までと違う景色が見えてくるかもしれない。

いつもと同じ一歩でも自ら足を出す一歩となんとなく一歩進むのではまったく違う。



どちらにしても先は見えない。

違う一歩より、いつもの一歩のほうがいい事もある。

いろんな状況もあるでしょう。

だけど僕らは歩かされてはいない。歩かされていると思いこんでるだけ。

自分が歩かされている事を選んでいるだけ。自分はどこに向かいたいのかわからずに。

いろんな方向に歩いてもいい。いつもの道でもいい。だけど自分の一歩を踏み出そう。

それが自分の人生を生きていることなんじゃない?
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。