スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道具に振り回されない

04-01,2010

noodls.jpg
original up date by oskay

■道具を手に入れる事で満足してませんか?

道具は便利です。
よい道具があればいい結果を出すことができます。
多くの人はよい道具を手に入れたいとおもってます。

いい車を手にいれたい。
よく切れる包丁がほしい。

など、いろんなよい道具を手に入れたいと思っているように思います。
よい道具を手に入れると何かうれしい気持ちになります。満足感もありますね。
確かによい道具を手に入れると気分がよくなります。

けど本当にそうなんでしょうか?

いつの間にかよい道具を手に入れる事を目的になってる場合が多くないですか?
よい道具をもっても使い方を知らないとうまく使う事ができません。
その道具で何がしたいかを知っていないとうまく使えません。
ただ使っただけで終わってしまいます。

■本当にその道具は必要なんでしょうか。

たとえばいい車を手に入れるとします。
車を手に入れても上手く操作できなければ、いくらいい車でも怖い思いをすることもあります。
またその車を使って何をしたいのかわからなければただいい車をもっているだけになります。
車を買っても行くところがなければ車を使う事がなくなることもありえます。
車を移動の道具として考えている場合はかっこいい車よりも安くて実用的な車のほうがいい場合もあります。

実はその道具が必要ない場合も考えられます。
何をしたいのかはっきりしてれば、ほんとにそのいい車は必要なんでしょうか。
場合によっては必要がない事もあるかもしれません。

いい車を手に入れるよりも、どのように車を使って目的を達成するかを考えるほうが大切なんじゃないでしょうか。
もしかしたらいい車を手に入れることで、ほんとにしたい事ができなくなる事もあるかもしれません。
たとえば高いローンを組んでしまってお金がなくなりどこにも行く事ができなくなってしまったとか。

包丁を例にした場合も同じです。
うまく使い方を知らなければ怪我をするし、よい包丁でも自分に合わなければうまく使う事ができません。料理がうまく作れないばかりか、逆にまた怪我をします。
自分が作りたい料理には包丁を使う必要もないかもしれません。
そもそも料理を作りたいと思ってもないのになんとなくよく切れる包丁がほしいと思っている場合もあります。

■よい道具はいい結果を残します。けど本当に必要なのかもう一度考えましょう。

たしかによい道具はよい結果を残す事ができます。
しかし自分にとって本当に求めている事とその道具が必要なのかはもう一度考えてみる必要がありそうです。
移動するなら車がいる。料理するなら包丁がいると最初から決めてかからずに。
ほんとうに車がいるのか。ほんとうに包丁がいるのかもう一度考えてみるんです。
行きたい場所にいくなら色んな方法があります。
おいしい料理を食べたいなら高い包丁を買わずに食べに行く事もできます。

■手に入れたり使うことばかり考えず、自分が何をしたいのかを考える。

決められた道具を使う事で、やり方が限定されてしまいます。
道具にばかりとらわれ視野を狭くしてしまう事もあります。
道具にこだわらず広い視点で物事をとらえていければ、本当に大切なものが見えてくるのかもしれません。

もちろん自分が求めている物に役立つ道具もあると思います。
けれども世の中に道具が溢れすぎてます。目の前にある便利そうで一見役に立ちそうな道具にばかり気を取られる人が多いと思います。それは人を盲目的にさせます。本当に必要な道具を見つけることもできませんし、自分の目的から外れている事も気づきません。

■道具に振り回されないように。

あまりにも道具に振り回されている人多くないですか?
道具を選ぶまえにまず自分が何をしたいのか、どういう結果を出したいのか考えてみるのも手ですよ。


※おまけ
この記事の「道具」の部分を自分が今ほしい物にあてはめて読んでみてください。
他にも今仕事で導入しようとしているもの、仕事で普段必要だと思っているものなんかでもいいと思います
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。