スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページ作成中

03-27,2011

今日は昼寝をしてからずっと今までぼちぼちとホームページを作った一日でした。

だいぶできました。

また写真をいれなアカンけど使える写真がない。

次のセミナーで写真をとろう。

GRD3でね。

何かを作ったり新しい事をするというのはそれだけで学習です。
関連記事
スポンサーサイト

自分でセンサリーアウェアネス

03-23,2011

充実した3日間でした。

1日目は哲学と排泄についてとても勉強になった日でした。

2日目は途中日曜日に島根に出雲大社と石見銀山にいきました。



センサリーアウェアネスは中止になりましたが、体験する事で自然に学ぶ事ができました。

よい学びができました。出雲そばもおいしかったし。

なんと全員猿年。猿の集りだと言いながらも、みんな急がないのですごく楽に行動しました。

途中にこんなポスターもあったりで面白かったです。(地元の人は大変なんでしょうが)



ゆっくり楽に昼ごはんもおなかがすくままに食べる。

空気もきれいでした。呼吸に注意を向けると自然と胸郭を前に縮めることをやめ背が長くなりました。

雨が降っていても降っている感触が心地よいと感じることで雨にうたれても楽にたてました。

たとえ周りが変わらなくても自分の感じ方が変わる事で自分の動きが変わります。

動きかが変われば周囲との関わりも変わります。

石ころでも柔らかいと感じることができれば自分の動きに変化を与えます。

3日目は靴下の色が左右と指で違う(あえてです)人物に歩行のセッションもしてもらってとても勉強になりました。

排泄の姿勢をみんなでやったりもう変態です(笑)

学ぶことは楽しいですね。



普段しない体験をする事はもうそれだけで発見があり学びになります。

今回はその連続でした。

それはもうすでにセサリーアウェアネスをしていると言ってもいいんじゃないでしょうか。

こういう学びを続けていけたらいいなと思います。

自分なりに今できる事ができました。




出雲大社は縁結びの神様だそうです。

これまでの出会いに感謝しながら、これからよりよい縁がもてますように。

みなさんありがとうございます。
関連記事

なぜ昔の自分の決定に振り回されるのか

03-19,2011

自分は今作業療法士であるが、

それは昔の自分が決めたこと。

今から何をするかは今の自分が決めたらいいと思う。

作業療法士にこだわるのは、

昔の自分の決定にこだわること。

それなりに自分も色々と経験して成長していっている。

今の自分の判断を大切にしたい。

作業療法士だからと枠を決めてしまうのは

昔の自分から抜け出せないように思う。

その時の自分と今の自分ではやりたい事は少しづつ変わっている。

あくまでも作業療法士は自分の一部ではなく手段として

やりたい事に使えばいいと思う。

手段にこだわると言う事は

昔の自分にこだわりすぎているのかもしれない。

形にこだわりすぎると本質を見失う。
関連記事

おもしろい事ないかなーと言っている人へ

03-17,2011

いつも行動することを迷った時に思う事。

行動しないのはもったいない。

自分の経験から言って行動してよかったなーと思うことが多い。

もちろん失敗することもあるけど、実は別に大したことはない。

人に迷惑をかけることをわざとはしないようにすることは必要だと思うけどね。

とりかえしのつかない失敗は実は意外に少ない気がする。

ただ事故と命にかかわるようなものは注意したほうがいい。



僕自身も最近色んな人にきっかけを提供する事があります。

だけどなんでそれを生かすことをしないんだろうと非常にもったいな気持ちになります。

僕も色んな人にきっかけを貰ったので、今度は誰かにきっかけを提供しないとね。


別に無理する必要はないので、強制する気なはさらさらないけど

この世界には非常に面白いものが沢山あるのにもったいない。

知らなくても僕自身が損するわけではないけどね。

でもやっぱりもったいない。


面白いことないかなーと言っている人に限って行動してない。

行動しない限り面白い事はない。



僕は行動して思います。

だから最近思います。この世界は面白いと。

行動する人だけが知る宝箱みたいなもんかもしれんね。


だけど僕も行動することを迷う時はあります。

そういう時取り敢えずやってみるという選択をしてみます。


だって仮に今まで行動してなかったらと思うと

ちょっとぞっとします。

それぐらい大切です。


もちろん無理するんじゃないですよ。

興味あっても「でもなー」とか「ちょっと恥ずかしいなー」とか思う事をやめるだけです。

やめれば興味のまま動くことができますね。


そうすりゃあ予想もしなかった面白いものが見つかるかもしれません。

案外近くにあるよ。



関連記事

ICF勉強会

03-16,2011

勉強会を行いました。

ICFについてはかれこれ5年ぐらい勉強会を行ってます。

そのたびに言う事が増えています。

多すぎてまとめるのが難しくなってます。

生活モデルとICFはみんな知ってほしいテーマです。

特に生活支援をしている人は自分がその仕事が何のためのしているのか意味づけをすることができます。

意味づけができないとただの作業となりやりがいを感じることが難しくなります。

また今何をしているかを分析できればよりよいものにもできるでしょう。

ICFは人の生活状況を分析するのにすぐれてます。

障害があるなし関係なく使える考え方です。

今回は受講者の仕事をよりよくするための分析をしました。

誤解の多いICFですが、ICFは非常に便利に使えます。

生活モデルやICFで誤解されがちなもの




関連記事

あなたにはどんな生活が必要ですか?

03-14,2011



マイアミバーガーうまかったです。

ボリュームもあって食べごたえもありました。

ひさしぶりのマクドなのでセットにナゲットまで食べてしまいました。

だけどおなかがすくので仕方がありません。

僕の体重は右肩あがりです。

マクドを食べながらダイエットについて考えてました。

多くの場合なぜ太っているのかを考える事をしません。

世の中ダイエットブームでそれこそいろんな方法があります。

だけど根本的な事が抜けてます。

やせたいと思って運動はするけど、やめたら元通りです。

食事制限も同様、やめたら元通りです。

何か自分に変化をもたらしたいとき僕らは体だけをみてしまっています。

だからこの体をなんとなしなければと思い運動や食事制限なんかをします。

しかしそれでは無理が生じます。

見落としているものはなにか。

それは生活です。

太っているのは個人の特性(太りやすい体質など)もあるかもしれないけど、その生活だから結果適応して今の状態を作っているわけです。

僕らの体は今している生活を通じて作られます。

生活が自分の体を作っているなら、今の生活を変化させる事がダイエットには必要なんです。

しかしすぐにかえれば変化するかと言えばそうではありません。

違う生活に適応するには時間がかかるのです。

つまり待つ事が必要になります。

生活が変わると徐々に体が適応していきます。

すぐには結果はでませんが確実に変化していきます。

個人差もあるでしょう。

急激な変化を期待する事は無理がでます。

ダイエットならリバウンドをしますね。

体により負担をかけることにつながります。

ゆっくりと違う生活に適応していくようにしていきます。



実はダイエットだけではありません。

生活が心や体も作るのです。

どんな生活を送るのかによって自分の精神状況に影響されるし、自分自身のとらえ方だって変化します。

もちろん体も変化していきます。

一日中オフィスでパソコンをしている仕事と、大工さんでは体の作りは変化するのは当然です。

性格だって変化するでしょう。

生活が心も体も作ると言う事は健康も毎日の生活によって左右されることです。

つまり健康になるには健康になれる体をつくる発想ではなく健康になれる生活を作ることが大切です。

体を作るだけなら自分の一部分にしか焦点をあてていませんが、人間はそんな単純にできてません。

生活を作るということは自分のすべてが変化するとうい視点をもつことができます。

心も体も変化します。

そして生活にアプローチするということは生活と心と体がどういう風に影響されているのかの流れをみるという事です。

生活が変わる事で自分にどういう影響があるか、逆に環境が変われれば、自分が変われば生活がどう変化するか。

そしてその生活がまた自分自身にどういう影響があるか。という流れを見ていくのです。



生活を大きく分けると環境と個人のつながりだと考えることができます。

生活を変えるとということは環境もしくは個人に変化を加えることです。

今ままで自分に変化を加えようとしましたが、環境を変えてみることでも生活は変わります。

もちろん環境と個人の両方が変化してもかまいません。

そのほうが生活は変わりやすいかもしれませんね。

新しい環境に飛び込んでも生活は変わりますね。

生活が変われば自然に自分の体はよくも悪くも変化していきます。

心も体も健康的な生活を作っていきましょう。

生活を変化させながら時間をかけて自分を育てていけばいいんです。

自分をかえるのではなく生活をかえるという発想です。

自分を無理矢理かえるのは難しいものです。

明日からイケメンになろうと思っても思えないでしょう。

実は今している生活を変える方がよほど簡単です。

変化には時間がかかりますが、生活を変えながらじっくりと自分を育ててみてください。

あなたをよりよく育てるためにどんな生活が必要ですか?



あと筋トレだってやめたら元通りです。

老人は筋トレをして動こうとすればずっと筋トレをしていかなればなりません。

筋トレだけで動けるようになること自体ちょっと疑問ですが。

どちらにしても筋トレを一生続けていく生活よりも、生活の中で楽に動ける動作を続けていくほうがよほど有意義なように思います。

どちらを選んでも自由ですが僕は安易な筋トレは一生続けないかんのはしんどいです。

年取ってまでそんな歯をくいしばって生きたくはありません。


ダイエットと同じように、生活を変える事で筋トレしなくてもよい状況を作るもの一つです。

そして生活は環境と個人でなりたってます。

お年寄りの環境は何か。それは僕らです。

僕らが変わる事でお年寄りの生活は変化します。

僕ら自身が環境となり楽に動けるような提案ができればいいんです。

そうする事でお年寄りの生活が楽にできるようになります。

しんどいことは続けるのは大変ですが、楽な事は続きやすいですね。

もし楽に動けるような提案ができないと思うならキネステティクス(R)を学びましょう。

案外楽に動く考え方は知らないものです。

ちょうどここにベーシックコースの教師がいますよー。

2、3人の少人数からOK。出張もします。

まず気軽に右のメールフォームから聞いてくださね。

とういう長い宣伝でした。




関連記事

あなたは新しい事してますか??

03-10,2011

新しい事をしようとするとき多くの事を学ぶ事ができる。

新しい事をする前の自分は結構わかっているつもりでいたりする。

新しい事を始めようとするとわからない事だらけだったと事に気づく事ができる。

常にワンパターンじゃきっと何も学べないのかもしれない。

安心という思い込みだけはあるかもしれない。

その決まりきったパターンの中にいると狭い中で自分をとらえがち。

時に自信過剰になったり、逆に自信をなくしたり。

狭い世界の中では何でもわかっていると思い込んでしまいやすい。

狭いからすべて知っている気になる。

だけど新しい世界は遠くにあるわけじゃない。

外国に行くのは楽しいけど、別にそんなに遠くにいなかくてもいい。

すぐあなたの隣に新しい事はたくさんある。

なんでもいいんです。

興味のある事をやってみよう。
関連記事

ホームページ

03-07,2011

ホームページを作りたいと思ってます。

予算をかけずjimdoで手作りでいくか、それともお金をかけてみるか。

jimdoというのはKDDIが作ったオンライン上で簡単にホームページが作れるプログラムです。

広告つきなら無料で、広告なしで機能が充実したのものは低価格で作れます。

どうなんやろうねー。

迷いますね。

ちょと考え中。

あと名刺もリニューアルしようかなと思ってます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。