スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ち悪い報道 窮屈さの理由

10-18,2011

テレビで荒川河川敷の迷惑行為をとがめるみたいな内容をみた。
何かしたら危ないと、ことあるごとにルールを作り禁止していた。
それを守らない人がすべて悪いという勝手に押し付ける。
あたかも自分が正義だという認識で。
そんな取材でした。


確かに危ない事はある。
だけど何でも禁止にしたら、歩くのも転倒して他の人にあたるから危険だと
歩くのでさえ禁止にしてもいい理屈と対してかわらない。

取材だって人が固まるから危ないやん。自転車もいきおいがあるから危ないって報道しているのに、その道で注意をそらすような取材をするのはどうなの?

そもそも取材が迷惑行為にならないのか?


なんでもルールを作ればいいんじゃない。
何にしても危険はある。

ルールなんて理由を付ければなんでもできる。
自転車の危険をまったく関係がないのに最近話題のブレーキがない自転車が都会でも話題になっていると意味のわからない報道。ブレーキがないのでなく、後ろにこぐ事でブレーキになるという説明はいっさいないし。(僕は自転車にはどちらにしてもブレーキはつけた方がいいと思っているほうだが、極端すぎる報道。)

そもそもなんのために河川敷があるのか。
もちろんいろんな意味があるだろうが、人が暮らしやすくするために使えばいい。

もちろんルールは必要だ。危険すぎることは控えたほうがいいだろう。バランスをどこでとるかだと思う。
すべて禁止するのではなく、よりみんなが楽しめる基準を考えればいいんじゃないかと。
そのへんはその住人で考えていく必要があるだろう。


気になったのは
危ないから禁止してそれを押し付けることが正義だと思っている気持ち悪さ。

確かに河川敷でゴルフボールを飛ばすことは危ない。
だから言って素振りまで禁止とはやりすぎではないか。

公園や学校で骨折する事例もでているからサッカーをするなという理屈とかわらんように思う。

道を歩いて転倒して亡くなった人が何人もいるから外を歩かないようにという理屈とも同じだ。

程度や頻度や状況や気持ちを配慮しているようでまったく配慮されていない。

そして素振りを人の邪魔にならない場所でやっている人をいかにも
悪だとそこで取材している人。

なぜルールをまず疑わないのか?

自分の価値観で人を悪くみているだけのことに気づいていません。

この人たちと
老人病院とかで患者さんに立ったら転倒すると危ないから、車いすに括り付けるということを正義として主張しているスタッフとおんなじものを感じる。


自分が正しいと思っている人は

間違っている人を簡単に攻める。

マナー、思いやり、常識などを聞こえのよい言葉をたてに。


自分が正しいと思っている人は

平気で他人を傷つける。

自分は正義だから間違っているあなたは傷ついて当然だといっているようにも思える。

だから自分はいいかけげんなんです(笑

こういう報道をみると窮屈さを感じます。
スポンサーサイト

Mac book air 買いました。

10-07,2011

macbook air 11インチ ついに買っちゃいました。

すごくいいです。

画面が少し小さいのはなれが必要ですけど、キーボードはすごくうちやすい。
(きっと変にばかでかいimacになれていたせいもあると思います。)

薄い、持ち運びやすい。

出張とかに大活躍しそうな一品。

ハードディスクの要領が少ないのでメインで使おうとする人は注意が必要です。

だけどサブで使う分にはかなりいいですよ。



08-11,2011

失敗してもいいんです。
自分がしたいようにしても。

失敗しても死にはしません。
よりたくましく、楽しく

そんな見本になりたいと思う
今日この頃。


久しぶりの現状報告

07-18,2011

体重を6キロぐらい落としました。
ジョギング8割、食事療法2割ぐらいです。

しかし残念な事にあんまり気づかれません。
どっちかというと黒くなったしかいわれませんねん。
明らかにボディーラインが細くなったのに。
なんでやねん(汗

ダイエットはやせていく順番があって
肝臓
内蔵脂肪
皮下脂肪
の順番でやせていくみたいです。

まだ皮下脂肪まで到達していないということか???(汗
どんだけ皮下脂肪多いねん。
腹がでているのは否めませんが•••

あと4キロから5キロ減を目標に。

楽しみながらやります。

たぶん今度会うときは別人のようになってますよー。
ちょっと若返ったような気がせんでもないっす。

追伸この前かったノートパソコンを壊しました。
ジョギング後お茶をキーボードにぶちまけてしまいましてぇ。
なぜ古いパソコンのときにこぼさなかったのか。

ある意味ミラクルですわ。

皆さんもパソコンの近くにはこぼれる飲み物をおかないようにしましょう。

そうなれば次の候補が欲しくなる。
同じパソコンを買うのも腹が立つしねー。
今は夏にでるmacbook air を狙い中。

地味にデスクトップはimacなんですわー。
携帯もiphone。
そしてタイムカプセル使用しているし
実はメインのノーパソだけがwindowsだったのです。

しかしこのiphoneめっちゃ調子悪いし。
今日はメールの履歴が全部吹っ飛びました。
どういうことやねん。

iphoneも8月9月に出るという噂があります。
楽しみ。

あっセンサリーアウェアネスのセミナーが10月京都で開催されます。
かなり人気みたいなので興味がある人はおはやめに。
検索してもらっていもいいし、連絡してもらえればリンクおしえます。

僕のおすすめです。
今年で3回目の参加。なんか秋の年間恒例行事みたいになってきてます。

最近は暇しているので、何にか僕にできそうな事などやおもしろそうな事があれば
声をかけてください。事務作業とかでもいいっすよ。
体の調子はここ何年かで今がベストです。

あとLCMACはキネステティクス(R)ベーシックコースを大阪で開催致します。
大阪のど真ん中。便利な場所です。

よりよい文化を皆で作っていきたいと思います。
そしてみんなで健康になっちゃいましょう。
キネステティクス(R)は健康になるためにかなり使えますねん。

久しぶりに書いたらまったくまとまりのない内容になりました。
ちょっとブログの方針を変えてもいいかもねー。

アメーバとかに鞍替えしてもええかなー。
ちょっと考えますわ。

他にも考えている事が何個か。
長くなったのでそれはまた別のときにでも。


コラム1 動きを学ぶ大切さについて 編集・追加しました。

06-18,2011

かなり乱れた文章になっていたので
見直して、編集しなおしました。
そこそこ変わってます。

よかったらもう一度みてくれればありがたいです。

コラム1動きを学ぶ大切さについて

ちなみにホームページの最初の文章も直しました。
ついでに見てくれたらうれしいです。

LCMACホームページ ホーム

シンプルに。わかりやすく。簡素に書いてみました。

たぶんまだ改良の余地はたくさんありますけどねー。

文章って難しい。

そろそろちゃんと編集します。

06-17,2011

そろそろちゃんと編集します。

BLOG本 ぼちぼちでええやん

内容を見直しつつまた付けたしながら。

文章をわかりやすく、シンプルに。

そのときは読んでください。

ではでは。

LCMACでコラム

06-12,2011

コラム書きました。これで三つめ。
よかった見てやってください。

一つ目が動きとは何か。

2つ目が学習とは何か

3つ目が生活とは何か。

そんな内容です。
案外まじめに書いてます。

これらはすごく大事にしているキーワードでもあります。

LCMAC コラムのコーナ。
LCMACコラムのコーナー

ではでは失礼しました。

ノートパソコン購入

06-11,2011

Lenovo G475 14型 LEDバックライト付 HD液晶 ノートブック ブラック 4360-22JLenovo G475 14型 LEDバックライト付 HD液晶 ノートブック ブラック 4360-22J
(2011/03/08)
Lenovo

商品詳細を見る


パソコンが前から調子悪く、ついに壊れたので新しく買いました。
今の新しいパソコンから書いてますが、前に比べると明らかにさくさくです。

前は4年ぐらい前に買ったソニーのバイオで値段は15万ぐらいしたような
気がするのですが、今は3万弱で価格.comから購入しました。
性能も低すぎずそこそこの性能です。
OSもvistaから7に変わったこともいいのもしれません。」

一昔前は性能を抑えて安くしたネットブックが流行していましが、
今は安くでそこそこのノートブックが買えることに感動。

いいのもほしいですが、僕の使い方ではこれで十分です。
気が向いたらメモリを増設してみよう。




ノラ猫とガラスの扉

05-24,2011

昨日から仕事場にノラ猫がいすわるようになった。

そのノラ猫は白と黒の模様があって、目つきがやや鋭く
あまりかわいいわけではないのだが、人懐っこく、うにょうにょして動きが愛くるしい。

たぶんノラ猫といっても誰かに飼われていたのだろう。
誰かに捨てられたんか、
迷ったのか。

毛並みは悪くなく、痩せているところを見ると
おそらく捨てられたのかもしれない。
よく見るとあまり大きくなく、かと言って小さくもない。
ちょうど大人と子供の間ぐらいのサイズだ。

何がこの仕事場で気にいったのかよくわからないが、とにかく
ガラスの扉からずっと顔をのぞかせている。
前足をガラスにつけてこちらを見ながらニャーニャーニャーと。
外にでると、しきりに体を足によせてきたりするしぐさがかわいいが、
無責任にかわいがるわけにもいかず、どうしたもんかと少し困っていた。
しまいには玄関先に丸まって気持ちよく熟睡する始末。
時には車の下に寝たり、こっちが車にひかれないかとやきもきする。

こういう事が2日続いた。
ずっと目の前にいるわけだから、おそらくご飯もあまり食べてないだろう。
ノラ猫の世界は人間よりもきっとシビアだ。
食べ物がないとそれはすぐに死を連想させる。


ノラ猫の事を思うと生きると言う事はずいぶん難しいことなのかもしれないと
考えさせられてしまった。あまりにも僕らは何気なく食べている。
だから食べ物がないなんてあまり想像する機会がない。

このノラ猫も食べれば生きる事はできるが、このノラ猫はあまりに無力で自分でご飯を調達するなんて
難しいだろう。人になつくという事しかできなさそうだ。

一見青空の下で寝ころんでいるノラ猫は自由そうにみえるが、ほんとは飢えという
かなり大きな危険がこの自由そうな猫には待ち構えているのだ。
待ち構えているというより、もうすでに半分ぐらい飲まれている状況かもしれない。

自由と言うのは、自分で餌をとる事ができて初めて自由に生きることができる。
自由を求めることは、それだけリスクを抱えることなのかもしれない。
自分で自分の面倒をみる事が自由に生きる条件なのだ。

人に面倒をみてもらう内は自由になれないかもしれない。
だから自分に実力をつけないと自由には生きれない。
でないと環境に依存してしまう。



猫はあいからわず通りかかる様々な人にじゃれていった。

みんな戸惑ったり、笑顔になったり反応は様々だ。
時に追い払われてもしている。

昨日から色んなところでじゃれているようで、通りかかる近所の人も
猫を心配して様子を見に来た人がチラホラみている。

きっとこの猫は1人で生きなくてはならい状況の中で
いろんな人になついたのだろう。

それはきっと生きなければという本能というよりも
ただ人が好きなのかもしれない。

この猫をみているとおなかが減っても、やせても人を見ると嬉しそうにする。
ただ楽しんでやっているだけだと言っているようにノラ猫の背中が物語る。
そのくせ気持ちよく寝ている時には今まで反応はなんだったのかと思うぐらい反応が鈍いが、
また気が向けばガラスからこちらを見てニャーニャー言っている。



結局、どうなったかと言うとね。

その猫は貰われていった。
職員の1人が飼ってくれるそうだ。

このノラ猫はベッドと食事を手にいれたのだ。
もうノラ猫ではなくなったのだ。

ある意味この白と黒の猫の勝利だ。
きっとかなり危機一髪の状況だったと思う。だけどその中で猫はただ人になついていた。
時にしつこいぐらい。

何もしなければきっと餓死しただろう。この猫は自分でエサを見つけるほど成長していないし
どうしたらいいのかもわからない。

だけど猫は行動したのだ。自分の思うがままに。そして動くことによって沢山の人に影響を与えた。

地域の住人も色んな人が心配していた。
僕の仕事場でもみんな心配していた。

そして結果猫はノラ猫ではなくなったのだ。

自由に生きるためには自分で食べる事ができなければいけないと思ったが
そうではないかもしれない。絶対すくわれるわけではないかもしれないけれど、
とにかく動いて、自分の気持ちや状況をしってもらって
皆に助けてもらいながらでも気持ちよく生きることもできる。

それでもまだ猫は自由だった。だってなついているけど媚びているわけじゃないから。
自分の楽しいを優先させていたからね。

もちろん生き方なんてその人が選べばいいのだけど。

猫は僕の思いこみさえも負かしてしまった。

まったく、たいしたやつだ。











洋書。

05-03,2011

よみたい洋書がある。

2冊ほど。

センサリーアウェアネスの本と
フェルデンクライスの本と
キネステティクスの本と。

たくさんあるなー。

ちょっとチャレンジしてみたいなぁと思う今日この頃。

まぁなんでもやってみないとね。

絶対は絶対ない。

04-11,2011

絶対安全というものは存在しない。

しかし現実は絶対だと言って安全を装おうとする。
安全だと思ってもらわなければいけないからね。

いつのまにか安全だという事実よりも、安全だと思ってもらう事が目的になっている。
だから何か起こすとすぐかくす。

それは絶対安全ではないとばれることが恐いのかもしれないが、

絶対安全はこの世にないという現実をもうすでに見つめられないかもしれない。
絶対安全という宗教なのかもしれない。

もう妄想の世界だ。

絶対なんてものは世の中に存在しないのにそれを主張する時点でもう
きっとずれてる。

大切なのは絶対が存在しない中でどう安全を確保するかだと思う。
そうするためにはミスはかくすのではなく、常に修正していく必要があるだろう。

絶対安全なんてすると逆に危険なんだと思う。
もうそろそろ絶対なんて卒業するころなんだと思う。

本当の安全は絶対ではないと認識するところから始まるのだろう。

ホームページ作成中

03-27,2011

今日は昼寝をしてからずっと今までぼちぼちとホームページを作った一日でした。

だいぶできました。

また写真をいれなアカンけど使える写真がない。

次のセミナーで写真をとろう。

GRD3でね。

何かを作ったり新しい事をするというのはそれだけで学習です。

なぜ昔の自分の決定に振り回されるのか

03-19,2011

自分は今作業療法士であるが、

それは昔の自分が決めたこと。

今から何をするかは今の自分が決めたらいいと思う。

作業療法士にこだわるのは、

昔の自分の決定にこだわること。

それなりに自分も色々と経験して成長していっている。

今の自分の判断を大切にしたい。

作業療法士だからと枠を決めてしまうのは

昔の自分から抜け出せないように思う。

その時の自分と今の自分ではやりたい事は少しづつ変わっている。

あくまでも作業療法士は自分の一部ではなく手段として

やりたい事に使えばいいと思う。

手段にこだわると言う事は

昔の自分にこだわりすぎているのかもしれない。

形にこだわりすぎると本質を見失う。

おぼえがき

02-20,2011

「チャンスは準備していたものに訪れる」

テレビで言ってた言葉。気に入ったので忘れないように書いておこう。

仮にチャンスが来ても、そのチャンスを生かすことができなければチャンスでもなんでもないもんねー。

あたふたするだけ。

でも準備してたらチャンスを楽しむことができるんだと思う。

研修に行くってある意味何かに対しての準備かもねー。

何のチャンスかは人それぞれでわからんけど

興味がある事をどんどんすると、それがまた違うチャンスの準備になると思います。

そうしながら少しづつ成長していけばええんだと思いました。



去年をふり返って見ました。

01-01,2011

最近あまり運動をしていなかったのでさっそくウォーキングをしてきました。

着込んでいくとあまり寒くなかったです。帰りにビールを購入して今飲んでます。

あんまり意味ないわけではないですよ。きっと歩いた方がカロリーを消費しているはず。

歩くと頭がよく働くといいますが、あれはほんとだと思います。

頭が回らない時はあるいてみてください。

元旦に歩いているって変わってるとかおもいました?

僕にとって変わっているというのはほめ言葉でしかありません(笑

元日なので歩きながら去年一年をふり返りました。

去年は色々なものを失った一年だとおもいました。

家、人、仕事、犬すべてを一度に失った時です。

もちろん得たものもありましたが、失ったもののほうが多かったように思います。

しかし失う事で自分自身が色々とわかった年のような気もします。

やっぱりいつもと違う体験をすると新たな発見があるものですね。

僕は昔から人よりも少し敏感なんだと思います。

だからこういうものだと言われてもそのまま納得することが出来ません。

違和感を何か感じるんです。

だけど違和感を感じながらすると物事なんて上手くいきません。

こういうものだと思って何も考えず流れで行うほうが上手く行きます。

立ち止まらなくてすみますから。いちいち立ち止まっては物事は進みません。

ほんとに自分は不器用でした。

単純に自分が納得できず行動出来ませんでした。

僕は思いますが不器用というのは自分で考えようとするから不器用なんじゃないでしょうか。

だって世の中わからない事ばかりなのにそれをきめつけ疑うこともしません。

不器用な人はどうすればいいのかという考え方なりコツが必要なんです。

だからこそそのコツを必死に自分のために考えてきたことが「新しい自分の見つけ方」やら他ブログで書いていることです。

僕は逆に不器用だからこそ考えることが上手くなってきていると思ってます。

別にかっこつけるためじゃなくて、苦しかった自分がどうすれば笑って過ごせるかを考えてものです。

だから誰かのために考えたわけではありません。自分のために考えたものです。

自分が楽になるためだけに考えたものです。

今は皆さんにもそれを役立ててほしいと思います。特に同じように不器用な人に。

僕は昔からあまり自信を持つことが出来ませんでした。

だから自信があるふりしたり、よく思われようとしたり、弱いところを隠そうとしたりする癖が抜けにくと思います。

自分がどう思われたり気にしたりとかね。

だけど少しづつですがこの数年の中で自分は変わりつつあります。

だけどまだまだ失う事によって色々気づきます。

自分はおもってたよりも寂しがりや何だなぁとか。

意外にピュア(笑)なんだなぁとか。

自分でいうのも何ですけどひねくれているようで素直です。

失うものが多ければ、今まで自分でごまかしていた自分の嫌な事を見なければいけなくなりますからね。

だけどここで自分の弱いところを発見できてよかったと思います。

別になおすきはさらさらないですが、そこをいたわってあげることができるから。

これからはそこを大事にしてあげることが出来ますもん。

このブログも自分を出すための練習としてしたものです。

だから格好つけずに素直に書いていきたいと思います。

新しいものを作るときは一度壊さないと上手くいかないのかもしれません。

というより新しいものをする時、きっと今の状態が勝手に壊れるようにできているのかもしれませんね。

30歳にしてまた作り直しです。

またここから歩いて行きます。

もちろんすべてなくしたとは思ってません。

大切なものもまだ沢山もってます。

だけど失ったものは新しくよりよい状態にもっていきたいものです。

そのための準備が去年だと思ってます。

去年はみなさんお世話になりました。ほんと感謝です。

今年もご協力をどうぞお願い致します。

皆さんの協力があってこそ何とか生きているわけですから。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。